呼吸器外来

最近の獣医療は何でも治す動物のお医者さん≠ゥら人医療と同様に内科、整形外科、循環器科、神経科、腫瘍科など様々な診療科≠ェ増え、飼い主様はわが子の症状に対して病院を選ぶことができるようになりました。しかし獣医療においては呼吸器科を専門に診療を行っている病院はまだ少ないのが現状です。当院では呼吸器疾患に対して専門的な知識と気管支鏡やMRI, Cなどの充実した設備で確定診断を行い、確定診断をもとにした治療を行うことで、EBM(Evidence Based Medicine:根拠に基づく医療)を提供します。

呼吸器における主な症状

〜以下のような症状が気になったら一度ご相談ください〜
  • 呼吸が早い、息苦しそう
  • 咳をする
  • チアノーゼになる
  • 鼻が詰まっている
  • 鼻汁(色のついた鼻水、鼻血)が出る
  • くしゃみが出る
  • 逆くしゃみが出る
  • 鳴き声が変わってきた
  • えずき、誤嚥を繰り返す
  • 痰を吐きたそうな仕草をする
  • いびきがひどくなってきた
  • 睡眠時に無呼吸になる

呼吸器診療を希望される飼い主様へのお願い

  • 気になる症状(咳やいびきなどの異常呼吸音や鼻汁など)を携帯の動画もしくは写真撮影してご持参ください。
  • かかりつけ病院での治療経過がわかるような紹介状やレントゲン写真、血液検査の結果等のデータがある場合はご持参ください。
  • 全身麻酔の必要な検査は予約制です。1度診療を受けられてから後日麻酔下での検査を行います。

当院呼吸器科での診療の流れ

イメージ

1. 問診・一般身体検査
当院では系統的な問診を行うことで治療の経過を客観的に評価するようにしています。現在の症状だけでなく経過とかかりつけ病院での治療反応を詳しく伺います。
また肺機能の評価のためにパルスオキシメーターを用いて経皮的動脈酸素飽和度(サチュレーション)の測定を実施します。
2. 血液検査
動脈血液ガス測定による換気能の評価と基礎疾患の有無を確認するために一般血液検査やホルモン濃度測定を行います。特に呼吸器科では炎症疾患の有無を判断するためにCRPあるいはSAAの測定を行います。
3. X線検査、超音波検査
呼吸器(鼻腔や肺)は動きのある臓器です。そのため吸気相と呼気相でのレントゲンの撮影を行います。撮影領域は呼吸器全体(鼻から肺まで)を撮影します。超音波検査では喉頭の動きを評価したり、救急疾患に対してfastを実施することで素早く対応します。また心臓病との関連も多いため心臓超音波検査も実施する場合もあります。
イメージ
4. 透視X線検査
X線を連続照射することでリアルタイムでX線照射透過像を撮影する方法です。単純X線検査で確認できない動的変化を確認したり、嚥下障害(食べ物がうまく飲み込むことができない)が認められる場合に行います。嚥下障害の症状が認められる際には喉の形態や食べ物や飲水の方法に問題がないか造影剤を用いて嚥下造影検査を実施します。
イメージ
5. 鑑別診断リストの作成/呼吸の安定化/診断的治療
これまでの検査結果や臨床症状から推測される病気をリストアップします(鑑別診断リストの作成)。確定診断のための追加検査に進むには現段階では麻酔のリスクが高いため、酸素吸入や内科療法を行い状態を改善させる(呼吸の安定化)、あるいは鑑別診断リストに挙げた病気を治療薬の反応をみて確定診断を行うか相談します(診断的治療)。
6. MRI,CT検査(麻酔下での検査)
MRI, CT検査で病変のより詳細な部位を特定します。MRI, CT検査は病変の特定が主な目的で確定診断ではありません。しかし病変のMRI信号強度やCT値、病変付近の骨融解などの所見を得ることで病変の特性を知ることができ診断の一助になることが多いです。
イメージ
7. 内視鏡検査(麻酔下での検査)
呼吸器疾患の最終検査は内視鏡検査になることが多いです。今までの検査で特定した病変に向かって軟性のビデオスコープを鼻腔、喉頭、鼻咽頭、気管・気管支のずれかあるいは複数箇所に挿入します。内視鏡では病変部の観察、ブラッシングによる細胞診、遺伝子検査、微生物検査、気管支肺胞洗浄液の解析、異物の摘出、病変部の生検を行うことで確定診断を行います。
イメージ
8. 確定診断/治療
これまでの検査からの確定診断をもとに内科あるいは外科治療を行います。
内科治療(薬物治療、ネブライザー治療、インターベンション、放射線療法、化学療法など)
外科治療(肺葉切除、永久気管切開、軟口蓋切除、披裂軟骨側方化など)

 

 

 

スタッフブログ

パピークラス

ペットとわたしの漢方治療体験談

獣医師急募

受付スタッフ急募

メールマガジン

登録はこちら

解除はこちら

兵庫ペット医療センター